手軽にできて効果抜群のストレッチ

運動不足で下半身が太い

下半身太りの原因は運動不足と骨格の遺伝だと最近になり分かりました。

2歳離れた姉妹が居ますが、彼女がここ3ヶ月で10kgの減量に成功しました。

それまでは、ぽっちゃり体型で特に下半身が太っていました。

オフィスワークで運動不足。しかも不規則な生活で夜中にポテトチップスを食べてしまうこともよくあるような生活でした。

成功の秘訣を聞いたところ、下半身をメインにストレッチを習慣づけて、+αで食事制限をした成果だったとの事です。

母も以前太っていた時期がありましたが、当時は下半身太りが気になる体型をしていました。

解消させる為に食事制限とパートでよく動く仕事につき、日中は走り回るので疲れると良く言っていました。

私も最近、趣味だったランニングをする時間が無く下半身が気になっていました。

運動をしないとすぐにお尻が大きくなります。元々太ももが気になる体型です。さらに、食事の後スイーツを食べたりする事も多く下半身太りまっしぐら。

身近な人を観察し自分の生活を見直すと、ストレッチと食事制限。ストレッチにせよ運動にせよ、脚を動かして血流を促進するのがポイントのようです。

プラスに考えると、遺伝で下半身が太りやすいから、太ももやお尻の筋肉を鍛えておこうという気持ちで備えができるという事にもなります。

ストレッチでむくみ解消&骨盤矯正

下半身太り解消について、私のオススメは「簡単足痩せストレッチ」です。

ダイエット食品や好きな食べ物を我慢するより、運動で痩せるほうが健康的だと考えたからです。

ストレッチならいつでもどこでも隙間の時間にできます。私は特に入浴後血行が良くなったときと、就寝前に重点的にストレッチをします。

以前スポーツジムで習ったストレッチと、仰向けに寝転んで両足を上げて左右の開いたり閉じたりという運動、さらにそのままペダルをこぐように足を動かしたりしています。

私は冷え性で、特に足が冷たくて眠れないときもあったのですが、就寝前にストレッチをすることで足もポカポカして気持ちよく眠れるようになりました。

日中はわざと用事を作って家の階段を上り下りしたり、以前通信販売で購入した健康器具を活用しています。

余裕があるときはスクワットをしますが、これが一番簡単なようで結構しんどいです。年を重ねると、基礎代謝も悪くなって痩せにくいので、少しずつでも毎日続けることが大切です。

また、ストレッチは血流やリンパの流れが促進してむくみが取れるだけでなく、骨格を正しい位置に矯正する効果も期待できるので、骨盤などが広がってしまって下半身太りになってしまっている方にもぴったりです。

即効性があるわけではないのですが、ほとんど運動する機会がないという方は、1週間程度で体が柔らかくなるのを実感し、それと同時にむくみが解消されてパンツなどが少し緩く感じられるようになるでしょう。

下半身痩せをしたいけど、何をしたらいいかわからないと言う方は、まずはストレッチを実施してみるといいでしょう。


トップページへ戻る ⇒ 太ももやお尻を細くしたい!下半身痩せならこの方法!