太ももやお尻を細くするのと痩せるのは違う?

スカートが入らない!

学生の頃はむしろ、足が長くて細く、自慢になるような下半身をしていました。

いつから下半身太りが気になり始めたのだろうかと振り返ると、浪人時代、椅子にずっと座り勉強をしていた時から下半身が太り始めたように思います。

上半身はごく普通なのに、まさに太ももの部分だけが太く、膝から下はまたごく普通なのです。

医療関係の仕事をしているときは上下が分かれている制服だったですが上下セットで買うと上半身はLLでゆったり着られるのに、下半身は太ももがパンパンで入らないので上下別々に買わなければいけないという恥ずかしい思いをしました。

さらに、プライベートの服も太ももの張りがすごくて、スカートのチャックを最大限おろしても入らないということがあり、さすがに改善しなければと思いました。

足の巡りを改善することを実施

私の下半身太りの原因は、やはり動かすことが少ないために脂肪などがただ蓄積される一方で滞った状態になっていることではないかと考え、対策としてサウナスーツを着てスロージョギングをすることにしました。

そして、入浴後には、顔マッサージをするローラーの大きいサイズの物を100均で購入し、ひたすらマッサージをするようにしました。

後は、仕事中にエレベーター待ちをする時に軽いスクワットをするように心がけました。

さらに、仕事中には足の巡りを改善してくれるというリンパマッサージセルライトスパッツというネーミングとはちょっと違ってレギンスのようなものを穿くことで、むくみ対策をしました。(⇒リンパマッサージセルライトスパッツでスッキリ美脚!

私が生活をしているのが田舎で電車がなく、移動は自家用車のため、どうしても歩く走るという動作が都会に比べて少ない為、自発的に体を動かすようにしなければ絶対に太ってしまいます。

都会の人を見ると電車を降りて職場まで早足で歩く姿をよく見かけ、無意識に歩かなければいけない状態になっている人は足がすっとしています。

そんな光景を見ると、やはり下半身を動かす、滞っている脂肪などをほぐして下半身の体内の動きを正常にすることが大事だと思いしました。

血流やリンパの改善が効果的

自分が実践した方法はどれも効果的でした。

まずサウナスーツは普段の生活では、太ももに汗をかくという動作はまったくないのですが、サウナスーツをきてスロージョギングを45分すると驚くほどに下半身に汗をかき、足のむくみがなくなるし、汗をかくことで肌が綺麗になっていきました。

お風呂から出た後のローラーでのマッサージ、これが一番効果的だったように思います。

膝の裏からお尻にに向けてゴロゴロの繰り返しマッサージをするのですが、痛気持ち良い具合で太ももが少し赤くなるのですが気にせず毎日繰り返しマッサージをすると、固かった太ももが全体的にすごく柔らかくなります。

セルライトらしきものががなくなってきました。

そして、仕事の合間でのスクワットは、何でもやってみるもんだと感心したのですが、太ももがかなり鍛えられます。お尻も引き締まります。

さらにリンパマッサージセルライトスパッツを穿き初めてからは、夕方ころになるとむくんでつらくなっていた太ももの裏からふくらはぎのあたりがかなりスッキリしていて楽になりました。

体重的にはジョギングが一番大きな影響があったと思うのですが、体重を落としただけでは下半身太りは解消されないように思います。

やはり、手間暇かけてマッサージをしたり総合的に下半身に気を使って、リンパの流れを改善することが結果につながると実感しました。

このような経験から、足やお尻を細くしたいと思ったら、いきなり食事制限などをするのではなくて、まずはリンパや血液の巡りを改善したり汗をかいたりして、むくみを解消したりセルライトを撃退することが重要だと思います。

上記に挙げたこと以外でも、下半身痩せに効果的だと思う方法がたくさんあるので、あなたにあった方法が見つかるように色々と紹介していきたいと思います。